細胞について



細胞の機能

このページでは細胞がヒトの体からだのさまざまな機能を担う細胞のすがたを見ていきたいと思います。

ヒトの大人の細胞は200種類以上あるといわれています。ここではそのうち5種類を紹介します。

骨格筋

骨にはりつき、手足などを動かす筋肉の細胞です。太い筋細胞がいくつも集まって筋肉をつくりあげます。歩く、走るなどの動作はこの細胞が伸び縮みしてできます。
骨格筋細胞

皮膚細胞

皮膚はからだの内側を、外としっかり分けて守ってくれます。そのつくりを支える細胞だけでなくさまざまな刺激を感じるための細胞もあり「第三の脳」とも言われます。
皮膚細胞

赤血球

血液中の赤血球ははりめぐらされた血管を通して、からだぢゅうに酸素を運びます。24時間365日、休む間もなく代謝(エネルギーを出したり、物質を分解、合成したりすること)
赤血球

形質

からだを病気から守る仕組みを免疫といいます。形質細胞はこの仕組みの一員で、細菌や毒素などの異物を無毒化するための物質を分泌し、からだを守ってくれます。
形質細胞

小腸

小腸の内側の壁は、ひだ状になっています。1番外側には栄養を吸収する吸収上皮細胞が敷きつめられています。ほかにも、小腸の表面を守る粘液を出す細胞もあります。
小腸の細胞


ページTOPへ
<細胞について>

Designed by chocoto